我が家は文鳥を飼っているので、リビングのクーラーは24時間稼働です。

つい数日前のこと。

夜に会社から帰宅し、2階リビングに上がり、薄暗いなか電気をつけようと歩いたのです。

そうしたら…スリッパの裏でピチャピチャ音がする。

「え?、え?」と思いながら電気をつけてみたら、なんとリビングの無垢床が水浸し!!

ギャーーー!!
ナニコレ!!

と思ってよく見ると、エアコンからポタポタと水漏れが…。
IMG_1771

すぐさま雑巾で床を拭きましたが、大事な無垢床の端々が、水が染み込み黒くなっていました…。
(翌日、乾いたら消えていたけど)

しかし次から次へと垂れてくる水滴!
「エアコンってこんなに水を排出するんだ!?」と驚きましたね。

取り急ぎ、水滴が落ちる位置に鍋を置いたのですが、高い位置から落ちてくるため盛大に水ハネしやがる!

ということで即席で考えた方法がこれ!
水滴が落ちてくる2か所にビニールテープを貼り付け、鍋まで垂らしました。
IMG_1772

IMG_1773

これが大成功!
水滴は素直にビニールテープを伝って鍋に落ち、とりあえず水ハネは完全に防止できました。

さて落ち着いたところで、ネットで「エアコン 水漏れ」と調べました。

修理屋について調べようと思ったのですが、なんと自力で直す方法がわかりました。

エアコンの水漏れの多くは、排水するためのドレンホースが詰まってしまって起きるんですって。だからその詰まりを除去すればよい、と。

そのためにこういうものが売っていました。ドレーンホースの排出口にこれを密着させ、ポンプを引くことで、詰まりが解消されるとのこと。



しかしもっと調べていくと、なんとわざわざポンプを購入しなくても、掃除機で代用できるという情報が!!

おおっ、ちょうど我が家の掃除機はコードレス!
まず自力で掃除機で試してみて、解決しなければ修理を頼もう!


ということで翌朝。
リビングのエアコンの室外機をチェックしてみると、ありました、ドレンホース!!
IMG_1774

IMG_1776

さっそく吸引スターーート!!

しかし室外機の背後にあるせいで、ヒッジョーに作業がやりづらい。ううう。

でもわずか2回ほどの吸引で!
ドレンホースから大量の水がジャージャーと排出されてくるではないですか!!

修理屋に頼まずとも、手持ちの道具であっさりと解決してしまいました…。


ちなみに掃除機を使うと、なかに水分が入り込んで故障してしまうリスクがあるとのこと。

ネットでは「薄めのタオル等で掃除機の口を覆っておく」方法が紹介されていたのでその通りにしてみましたが、室外機が邪魔で作業に難があり、早々にタオルは諦めました。

我が家の掃除機は、ダストカップにゴミが溜まるサイクロン式なのでね、水分はカップに溜まってくれ、掃除機内に入り込むことはありませんでした。


そしてふとダストカップを見ると、水分のなかに何やらブヨブヨした小さな物体が…?

取り出して確認してみると…

おそらくナメクジの一部…。

ドレンホースの先端は外に露出しているので、ゴキブリやムカデなどの虫が入り込み、最悪、室内へと侵入して来る場合もあるんですって!

-----------------------------------------------------
ドレンホースの先端を防虫ネットやストッキングで覆い、虫の侵入を防ぐと良いそうですヨ。
-----------------------------------------------------