バードがイメージしていたテーブルはこういうやつ。
要は、木の天板に既製品の脚をつけりゃいいのです。

tableDIY_02


さて、今回はテーブルの高さについて。

ネットで色々調べたところ、たいへん面白く勉強になりましたよ!

テーブルと椅子の高さというものが、雰囲気作りにすんごく重要だったのですね~。
(↓ こんな感じの画像をたくさん漁っておりました)

tableDIY_03

tableDIY_08

tableDIY_06

tableDIY_07

つまりざっくり言うと、ダイニング・レストラン系なら椅子高め、カフェ・ラウンジ系なら椅子低め。そして食事や作業するなら、座面からテーブル面まで200以上は離す、ということです。

またデスク系なら、以下が理想的な高さになるそうです。
● 座面高=身長×0.25-1
● 机の高さ=身長×0.25-1+身長×0.183-1


ということで、かなり調べて悩んだ末、バードがDIYするテーブルは以下の2種類の高さにしました。
(1) リビングのカフェテーブル:625mm
(2) パソコン部屋/書庫のパソコンデスク:700mm


理由は以下。

(1) リビングのカフェテーブル:625mm

すでにカフェソファを購入済みでしたので、ソファの座面から決めました。ざっくり示すと、以下の図でいうところの真ん中のテーブルの高さにしたのです。
(他にも細かいことたくさん考えて、最終的に625mmにした)
tableDIY_04


(2) パソコン部屋/書庫のパソコンデスク:700mm

こちらはアッサリ決断。なぜなら世に出回っているパソコンデスクの規格が700mmだからです。

ちなみにこの700mmという規格は、まだパソコンが出回っていない1971年に作られた読み書き用デスクの高さで、キーボードを叩くパソコンデスクはもっと低めが合うそうです。

でもデスクチェアの方で座面の高さを調節できるので、深く考えるのはやめました☆


-----------------------------------------------------
この椅子とテーブルの高さについて学んでから、飲食店にいくと、いちいち高さをチェックしてしまうようになりました。テーブルと椅子の高さが合っていないお店って結構あるんですよ! そういうお店は飲食中に不快感を感じて、次回から足が遠のきます。
-----------------------------------------------------