さあ、よい子のみんな。
怖がらないで!


今日は1階からすぐ上がったところの階段の窓デース!


まずは午前中の明るいうち。

P_20161126_114232

P_20161126_114257

P_20161126_114442

P_20161126_114452

P_20161126_114546


そして午後になるとやや暗くなってきます。
この時間が一番、照明の情緒が増しますね。

P_20161126_151150

P_20161126_151159

P_20161126_151228

P_20161126_151334

P_20161126_151511

P_20161126_151638

P_20161126_151613


そして、宵。

本番です。

(でも実生活上は廊下の人感センサーが点いちゃうので、これほど暗い中で見ることはないです)
P_20161126_214450

P_20161126_214520

P_20161126_214607

P_20161126_214638


設計中に狙っていたポイント。常夜灯だけで階段の昇り降りができるかどうか、ですが、以下の画像が、2階から1階を見下ろした様子です。

P_20161126_214828

このようにうっすらと明るいため、両手が塞がって危ない時以外は、階段の天井照明は点けずに昇り降りしています。

バッチリ!想定通り!デス!!


ちなみに灯篭と榊は以下。



設計中に出会った木製灯篭ではなく、合金製にしました。普通のE12口金のナツメ球が使えるので。木製だと熱で燃えるリスクがあるからナツメ球用がないのかしらん。

ここは廊下まで照らしてもらいたいため、豆電球だと照度が足りなくてね。ナツメ球なら100Vと力強く、2灯でさらに明るい♥

基本的にここは24時間点けています。バードにとって照明は、照度のためだけではなく、「点いている」ということが大事で。特に1階はランプが24時間点っているといろいろな点で良い感じがするのです。ちなみにLEDナツメ球は0.5W。1年間24時間使用で電気代117円。2灯で240円。

誰も必要としていない情報でしょうけど、ドールは、ヘッドとウィッグはPARABOX製(中野ブロードウェイに実店舗あり)。ボディはオビツ製の27cm(ドールショップならどこでもある)。着物は7-8年前にヤフオクで落札したものです。


そして次回予告!
1階部分から見上げた、次の階段窓です。

お楽しみに!

P_20161126_214713
コメント欄は「階段の窓(4)」で開けさせていただくので、どの窓が良かったか感想聞かせて下さい〜。