間取図作成に余念のない頃、その脇ではこんなことがありました。


紆余曲折を経て、晴れて我が物となってくれた土地。どんなに狭小だろうと、どんなに隣家が迫っていようと、愛着が湧いて、愛しくなるものです 

間取図作成をしていた頃はまだ新鮮さがあって、週末はよく用もないのに見に行っていました。


そして事件が起きたのも、確か二週間ぶりぐらいに土地を見に行った日でした。


道なりに歩いていくと、隣家に隠れて見えない我が土地。いつものように無邪気に土地の前まで進んだとき、目に入った青い物体・・・。


 


うちの土地が、保奈美ハウス(同時分譲の別区画)の建築資材置き場にされてるっ!!!


それは、ブルーシートで適当に覆われた木材でした。

驚きました・・・。

でもその時は「ええー、ちょっとー(笑)。コレってどうなのー?」と思う程度で、それほど大事には感じませんでした   

 

しかしそのまま見て見ぬ振りまではするつもりはなく、翌日になって、R社の設計部長(太)宛て、仲介SさんをCCに入れて、バード夫から以下のようなメールを送りました。

**********************************************
今週末、土地を見に行ったところ、私どもの土地や●区画の駐車場に工事車両のタイヤの跡があり、また資材が置かれていました。

今は空き地ですので、利用していただいてまったく構いません(事前に一言お伝えいただきたかったのですが)。

ただ、その代わりといっては何ですが、私どもの住宅の工事期間中には、こちらも私道や●区画の駐車場を使わせていただけるように、各棟の家主の方との調整をお願いできればと思います。
**********************************************

次いで、この件をコンサルさんにもメールで報告しました。

するとコンサルさんから以下の返信が・・・

**********************************************
現場のこと(下請け業者がやっていること)をR社さんは把握されていなかったのでしょうか?
 
タイヤ跡は仕方がないとしても、「うちの土地に資材が置かれていた」はいただけませんねぇ。
 
本来なら、バードさんの方で使用を許可する旨の書面を作成し、使用料を請求できたところです。
**********************************************

さらに翌日、まだバード夫から返信を送る前にメールが・・・

**********************************************
バードさんの土地使用について、どうにも納得が行かず、再度メールさせていただきました。
 
無断使用されていたこと、バードさんがお建てになる時はそのようなことができず、ご自分の敷地内に置かなければならないことを考えると、納得が行きません。
 
お二人のお考えをお聞きしたいので、また電話相談させていただけると有り難いのですが・・・。
 
動くのなら早い方が良いと思いますので、今夜にでもお話できれば助かります。 
**********************************************

この返信を読んで、バード夫の心にも火がつきました 

そうだよ、本来なら、ありえないことだよ・・・! あそこは俺たちの土地! 不法侵入で訴えてもいいぐらいなんだよ!!


-----------------------------------------------------
バードはいまいち感情が着いていかず、「お、おう」としか言えませんでした。
-----------------------------------------------------