さて、「未公開物件情報がほしい」という目的のもと、土地を仲介してくれる業者さんを片っ端から漁りました。

そして個人的に以下の4つのタイプがあると認識しました。

大手
CMによるブランドイメージで、売主からの依頼が集まりやすいので、幅広く物件情報が豊富。

ネットで適当に検索して、知っている不動産業者名が出てきたら、大体この部類ではないでしょうか。

中堅
得意エリアにおける歴史・ネットワークを持ち、エリア情報や物件情報が豊富
 
希望エリア名を入れて検索(例「四ツ谷 土地」)して、上位に出てくる業者さん。しっかりしたホームページがあり、最新の物件情報も検索できる。(≒会社の規模がそれなりにあり、IT部門を抱えているということ)
物件ページでは、未公開物件などにモザイクをかけ、「物件を見たい人は会員登録してね!」と求めるところが多いですね。

個人店
希望エリア名を入れて検索(例「四ツ谷 土地」)して、下位に出てくる業者さん。ホームページがしょぼいのが特徴。ホームページも無いところも・・・。

物件情報は少ないが、掘り出しものがあるかも!?

その他
ハウスメーカーや工務店が土地仲介もやっている、建築設計事務所が土地仲介もやっている、など。


その後の設計のことまで考えて土地を見てくれますね。


そしてバード夫婦の個人的な結論としては「中堅」が良かったです。

熱心に働きかけてくれるし、得意とするエリアに詳しいし、そのエリアの未公開物件も持っていました。

業者さんそれぞれ個性(社風?)があったのが楽しかったです。

バード夫婦の場合は「良いな」と思えた業者さんを5社見つけられたので、1社に依存することなく、心に余裕を持って行動できたのはよかったです。


他の業者が合わなかった理由

大手
登録しても連絡が来ない。 わざわざこちらから電話して希望条件を伝えても、その後のフォローもなし。どうやら、知名度ゆえ続々と売主から物件が入ってくるので、わざわざ「未公開物件にして自社顧客に売る」ことはしないようですね。
(物件情報が入ってくるとすぐREINSに登録し、世にあふれる仲介業者たちに買主を見つけさせる)
未公開物件もないし、熱心に仲介してくれないので、大手に頼るのはやめました。

個人店
古い体質そうで、顧客満足への意識が低く、トラブルとか多そう、という勝手な先入観があり、ほとんどアプローチしませんでした。
でもがんばって四ツ谷で2店、飛び込みで入ってみたのですが、どちらも賃貸専門で、「へ? 土地ぃ!?」と驚かれただけでした。

その他
そこのハウスメーカー・工務店・事務所で建築してもらう気持ちがないと、ちょっと腰が引けますよね。一応、設計事務所2か所にメール送ってみたのですが、未公開物件は持っていませんでしたので、すぐフェードアウトしました。


西新宿定点撮影5
新宿駅西口近くにあるビル達は1970年代にできた兄貴分なので、どれも内装や文字が昭和っぽさを醸し出しています。そこが好き。切ないです。
西新宿定点撮影」より