バードは再婚です。

最初の夫とは大好きで結婚して、大好きなまま捨てられてしまいました。
幼稚なバードが、愛と甘えの区別がつかず、困らせてしまったためです。

口元を手で押さえ、嗚咽をもらしながら、
「お前といると、俺は自分をなくしてしまう・・・」
と言った元夫の姿は、今でも鮮明に思い出せます。

それから3年後、バードは、バード夫と恋に落ち、また大好きで結婚しました。
 
青く苦い失敗を二度と繰り返すまいと、バードは必死に勉強し、バード夫の器の大きさにも助けられ、いつしかおしどり夫婦と呼ばれるまでになれました。

今では元夫とのことは良き想い出であり、感謝と申し訳なさしかなく、

「あんな幼稚で早○で仕事もできない男のどこが良かったんだろう。それより貸した金返してほしい」
 
と思えます。

あれ?
本音が漏れちゃった。
すみません。

そう、バードは、その時大好きで仕方ない人としか結婚したことがないのです。
 
それが、今、四ツ谷くんに惹かれながら、新宿くんとお見合いし、決断を迫られている。
大好きな人ではない人と結婚することが、こんなに辛いものだと初めて知りました

「不良の四ツ谷くん達より、この優等生の新宿くんの方が、私は幸せになれるだろう」と頭ではわかっている。周囲(Sさん・バード夫・R社)も「新宿くんにしんしゃい」と勧めます。

でもその頃はやっぱり四ツ谷くんが大好きで、結婚したかった
そんな急に気持ちは変えられないもの。
誰かさんのようにねッ。


ざっくりの間取図による見積額2,027万円に、消費税8%をかけると、2,189万円です。

土地代約3,500万円に、この上物約2,200万円で、合計約5,700万円。諸経費を入れたら約6,000万円。

もともとSさんには、「予算は諸経費入れて5,500万円まで」と伝えてあったのに・・・。
 
不動産屋には、最初から1~2割引いた予算を言えと言われるそうですね。こうやって予算オーバーの物件を勧められてしまうから。

無事ローンの仮審査は通ったので、いよいよ契約を迫られました

契約したがっているバード夫
契約を急かすSさん 

「四ツ谷じゃなくなっている」
「Sさんに伝えた予算から大幅にオーバーしている」
「建築条件付き」

・・・なんかSさんのシナリオ通りに進んでいるだけじゃん・・・。


なんかイライラしてきた・・・ 


ということで、 

100万値引いてくれるなら、(どうせ白紙解除付きだし)契約するけどォ」 

とちょっと困らせてやることにしました。 


西新宿定点撮影7
これぞ西新宿という圧倒的な存在感。
西新宿定点撮影」より