やだ、前回から一か月も経ってしまいましたね。。。
ちゃ、ちゃんと最後までやるつもりですので、気長にお待ちくだせえ。すんまへん。


さて、バードが他人様のWeb内覧会を拝見するとき、真っ先に行くのが洗面台の記事です。

洗面台って実に愉しい。これまで一体いくつ他人様の洗面台を拝見してきたことでしょう。みなさまの洗面台もとても素敵で大変刺激を受けました。

しかしとうとう自分の洗面台をお見せする瞬間が来てしまったのですね。感慨深い・・・。いろいろと変てこりんな洗面台になっておりますが、バード的洗面台、どうぞ愉しんでくださいませ!

ジャーン!!

2

↑ 病院用流しに、手元の横長窓・・・。ほう・・・(←ため息)、これが本当に気に入っているのですよ・・・。

でも鏡の方は、サイズの異なるミラーキャビネット2台使用につき、ちょっと見た目が悪いですわ。でも道具類全て収納しても余りある収納力のおかげで洗面台は毎日スッキリさせられていますし(キッチンはオープン収納が好きなのに、洗面台はモノが出ているのが嫌なのは何故だろう・・・?)、バードはヘアスタイリングに三面鏡は不可欠なので、これ以外の選択肢はありませんでした。

ちなみに水洗根元が木材のままなのは、バードがDIYでタイル貼りすると言い張ったからです。

↓ 足元はいつもながらオープン。右側スペースにはガス口とコンセントがあり、ガスファンヒーター置き場となっています。冬はガスファンヒーターが不可欠。ガス代かかりますけど、本当に付けて良かったです。

1

↓ 吐水口の高いキッチン用水栓のおかげで、バード夫が両手を使って髪を濡らすことが出来ています。しかもバードも洗顔の際、顔を横に向ければ直接水を当てられる(手で水をすくわなくて良い)ことが判明し、この上なく便利!!

あとやはり大きくてフラットなシンクは、靴洗いやセーター類の手洗いの時など、使いやすいですね。

3

↑ あと珍しいのはこのサブ水栓でしょう。万能水栓は蛇口を上に向けられるので、帰宅時のうがいも歯磨き時もコップ不要ですよ。大変快適! 3階手洗場の水栓も万能水栓にすればよかったと思うほど使い勝手が良いです。

↓ ちなみに半年ぐらいかかって、やっとタイルを貼りました(近くで見るとかなり下手くそ)。昭和感が漂ふ玉石タイルは気に入っているのですが、無難に黒か紺色にしておけばよかったと思わなくもない。。。
7

↑ 病院用流しと立上がりの間にしっかり目地材を入れたので、間に水が溜まることはありません。

↓ 天井の照明。ユニバーサルライトなのでちょこっとこっちに向けています。ここは昼白色にしました。100W2つで大変明るく、お化粧しやすくてご満悦です。

4

↓ 入口ドアはチェッカーガラスドア。閉塞感がなくなるし、ドアの向こうの様子が分からないのが苦手なので、いつも安心感を覚えます。ちなみに左側に充分なスペースがあるので、廊下から隠れて着換えられます。

6

↓ 脱衣所の窓。縦長の引違窓は好きではないので上げ下げ窓にしたいところでしたが、ここは湿気を出す目的重視で引違窓にしました。

5


洗面台は1650で広々。洗濯物を畳むカウンターとしても使用しています。洗面脱衣所は4畳弱あるので、洗面・身支度・洗濯にと、とても快適な作業場だと満足しています。




洗面台の写真ばっかり撮って、脱衣所の写真を撮るのを忘れました。。。