とうとう4階まで上って参りました。

最後の場所。

バード宅最大の特徴と言える、西新宿ビル群を一望できる屋上(ルーフバルコニー)でございます!


設計段階でお願いした大事な点として「塔屋部分をなるべく広くする」というものがありました。増田さんが奥行きをギリギリまで取ってくださった結果がこちら。
PC282078

なぜ塔屋部分を広くしてもらったかと言いますと・・・

こんな風に塔屋も活用したかったからです!
ファイル_000
季節の良い時期に陽が暮れる前に料理を作って、塔屋まで運び、窓を開けて、徐々に夜景へと変わってゆく西新宿のビル達を眺めながら夫婦しっぽりお酒を飲みます。

狭いところでようやるわ感が否めませんが、(住宅密集地ゆえ)屋上は人目が気になるし会話が聞かれる抵抗感があって、塔屋内じゃないと落ち着かなくって。。。ギリギリまで広くしてもらって良かった。


バードがこだわったシンボル窓。設計中から思い描いていた通り、外から見えるようにランプを点しております。くう〜っ、コンセント付けておいて本当に本当に良かった。照明フェチ歴30年のバードは電池式の不便さを痛いほど分かっているのでね。
PC282074


さて、では屋上に出て、西新宿のビル達を一望する景色を見ていただいてフィナーレ!

・・・といきたかったところですが・・・

やっぱり景色をお見せすることは難しいですね。いろいろ画像いじってみたのですけど、隠しすぎると伝わらないし、隠さないと情報が含まれてしまうので、諦めました。

せめてもと、例として散歩中の写真を。いわゆる高いところから見下ろす宝石箱をひっくり返したような煌びやかな夜景、ではなく、こんな風に下から見上げる夜景のイメージです。
ファイル_000 (2)


なんか盛り上がりに欠ける最後ですみません。。。

これにてバード宅の全ての箇所の入居前のご紹介が終わりました。いろいろあって遅くなってしまい、ずいぶんとお待たせしてしまってごめんなさい。

今後もマイペースで記事を書こうと思っておりますので、よろしければ引き続き見に来てくださいませ~。






家造りブログお約束の「失敗・後悔ポイント」記事も書かないと 笑。