ご無沙汰しております。。。前回の更新から5ヶ月経ってしまいました。


◆ごく平凡な一般的な間取り

売れやすい家の傾向に「ごく平凡な一般的な間取り」があるそうです。

建売住宅は、施主のこだわりが入らない、売れやすい間取りで作られています。鳥が見てきた三階建ての建売は、

1階:玄関・居室・バス・洗面脱衣所・トイレ
2階:LDK
3階:居室・居室・トイレ

という間取りが多かったです。

鳥宅も、これから大きく外すことはしませんでした。

建売の間取りと違う点は、1階にファミリークローゼットを作ったことですかね。
(建売は、居室ごとにクローゼットがついているのが一般的です)

ただファミリークローゼットは納戸として使用可能ですし、居室ごとに既製品のクローゼットを置けば建売住宅と似たものになります。

 

◆居室の目的を限定しなかった

建売住宅って「ここが子供部屋で、ここが寝室」と決められた仕様になっていませんよね。どの居室も似たような仕様になっており、住人の裁量で、居室の活用方法が決められる。

睡眠のうるさいバード夫のためには窓を最低限にした寝室が都合良かったのですが、寝室も普通の居室として使える仕様にしました。バルコニーもついていて、良い部屋です。寝室としてつかっていることがもったいないとよく思います。


◆部屋干しも外干しもできるようにした

設計中は、洗面脱衣所で部屋干しにするつもりでした(引越してから洗濯乾燥機になりましたけど)。自分達は部屋干しのつもりでも、外干しも可能な家にしておきました。2階リビングのベランダにホスクリーンを取付けましたし、広い屋上で干すこともできます。

外干しスペースのすぐ横に洗濯機、などという動線の良さはありませんが、外干し派さんにも受け入れてもらえる家だと思います。


続きます~。


-----------------------------------------------------
要は「自分が別の他人だったら、この家を中古で買いたいか」という視点を持ちながら設計しました。
-----------------------------------------------------