◆キッチン(続き)

・キッチンパネルではなくステンレス板にすればよかった(後悔度:高)

ガスレンジの前面・左面パネルは、サンワカンパニーのキッチンパネル(マットホワイト)にしました。
PC281972

でも願わくばステンレスを貼りたかった!

施工直前に「やっぱりステンレスがいい」と言ったのですが、ステンレスにするとコストが跳ね上がると言われ、やっぱり取り下げてしまいました。

このキッチンパネル・・・まあ、白が基調のキッチンなのでホワイト色で悪くないのですが・・・

肝心の油汚れが落ちない!!
キッチン2

バードがマジックリン(アルカリ性洗剤)を吹き掛けて掃除しているせいかなあ。。。住設機器って「中性洗剤をお使いください」って使用書に書かれていることが多いから。

その点ステンレスは良いですよ。汚れは落ちやすいし、扱いやすくて。


・メインキッチンの上の照明をライティングレールにする必要なかった(後悔度:低)

設計中はランプに飢えていたのでね、ランプに関してはお金と手間を惜しみませんでしたよ。

でもこれは不要だったなー。
キッチン1

だってキッチン動かないし!

考えれば分かることなのに、やっぱり照明/ランプに関しては飢餓感で狂っていたな。


◆リビング

・リビングの西側の壁がごちゃごちゃでカッコ悪い(後悔度:低)

生活上は全く問題ないのですが、うーむ・・・、かなり見目が良くない。。。
06

なんかさー、やっぱりエアコン、設計中にバードが希望した画像左端の凹みスペースで良かったんじゃないかって思う。。。

以前記事にも書きましたが、この位置だとキッチンまでエアコンが効かないという理由で却下されたのですけど、そもそも内窓付けて独立できるよう設計したキッチンですもの、暖める/冷やす必要なかった。料理中は内窓閉めて、窓開けて、換気扇回して料理するし。

そうしたらエアコンは見えない位置に収まって、引き戸の高さも揃ったのになー・・・。


・リビングの無垢床をマルホンにすれば良かった(後悔度:低)

NISSIN EX.の無垢床もとっても気に入っているけど、いや、実に実に気に入っていて、もーしょっちゅう「ああっ、本当にアカシアの無垢床にして良かったっっ!」と悦びを噛みしめているんですよ。

だからこそ「こんなにこんなに無垢床から悦びを得られるんだったら、あの美しすぎるマルホンのアカシアフローリングにすれば良かったのでは? どうせ狭いんだからコストアップもたかが知れてるし」と思っちゃうわ。

床ってこんなに大事だったんですねえ。






メインキッチン上の裸電球、素敵なシェードが見つかったらつけようと思っているのですが、なかなか出会えない。裸電球のままでも良いですけどね。