残念ながら面白味のないシステムバスなので、新妻っぽい浴室という視点でご紹介します(ヤケクソ)。


淑やかで柔らかな空気の流れる新妻浴室へようこそ。

ここに招き入れられるのは、そう・・・、わたくしの小指に結ばれた赤い糸につながる貴方だけ。

(伏し目がちで)どうぞ・・・お入りになって・・・。

1

清潔感のある白い陶器のような肌(注:陶器ではなくホーロー)はとても清潔感があるでしょう?

誰にも触れさせたことのないこの白い肌(注:職人さんがベタベタ触りました)には、二対の桃色の花が咲き乱れているの・・・。これはわたくしの情熱の証・・・。背の君となった貴方のためだったら、わたくしは鬼にでも遊女にでもなりましょう。処女と少女と娼婦に淑女 How many いい顔(by 郷ひろみ)。

4

照明はダウンライトとして中ではなく、外に出してもらいましたの。照明に白い肌がじんわり照らされて、まるで透けるようでしょう? 入浴すると熱気でじっとりと濡れて、この小花に水滴が線を引いて垂れる様は、まるで眩暈がするようですわ。

そしてやはり外せなかったのはこの窓・・・。引違い窓ではなく上げ下げ窓にこだわりましたの。本当はもっと、すごく、大きいものを欲したのですけど、耐力壁がわたくしの腕を掴んで、自由奔放に生きることを許してくれなかった。これがギリギリの横幅・・・。

2

「もっと下っ、もっと下よっ・・・!」(注:窓の高さ)と頼んだのですけど、この位置がギリギリなんですって。湯気立つ真冬、虫が囁く真夏、湯船に浸かりながら窓を上げ、気だるい体で窓辺に肘をかけるイメージでいたのに・・・。残念ながら、外界を羨ましがる獄中人に見える高さになってしまいました。

3

さて素に戻っていくつか。

タカラスタンダードのシステムバスですが、大層気に入っております。バードの実家は細かいタイル貼り(しかも無駄に広い)で目地掃除がストレスでしたが、目地も最小限、かつホーロー壁の掃除しやすさは感動モノです。あと意外だったのが、シャワーヘッドが思いの外素晴らしい使い心地でした(ECOモード)。

画像では分かりにくいですが、1坪ではなく1.25坪です。洗い場が広くて、二人で入るバード夫婦には大変快適です。

ミラーもカウンターも付けませんでした。反カビ王子のバード夫の全力なる希望。
(浴槽下のエプロンもひどく嫌がっていますが選択肢がないのでやむを得ない)

減額調整の波に飲まれて、ホーロー浴槽から人大浴槽に下げました。入居直後は後悔ポイントになるかと思っていたのですが、1年経った今は人大で良かったと思っています。冬しか浴槽に入らないし。





窓と隣家が近いのですが、空き家なので今は目隠ししておりません。
もし建替えられたら目隠しせざるを得ないですね。相手のために。