すみませんね、こんなくだらない内容で続きがあって。

あー、もうこのメールのやり取りは書かなくていいかなと思ったのですけど、もー、いかにもコンサルさんらしいので書かずにいられなかった。有終の美。

住設機器の追加請求の件でやり取りした4日後。

バード夫が、コンサルさんが言い訳に転送してきた〇〇卸のメール内に書かれていた「ユニットバス日程変更代」も、バード夫婦に請求されるのかと増田さんに確認したところ、コンサルさんからメールが飛んで来ました。

***************************************
バード夫婦さま
 
本日13時過ぎ、増田さんより電話が入り、「K工務店に請求すると言っていたユニットバス日程変更代をバード夫婦さんに請求したんですか?」と言われました。
 
11月9日にお送りしたメール(下記)でお知らせした通り、K工務店さんに請求書を送りました。
 
弊社からはバード夫婦さんに請求書はお出ししていないはずですが、K工務店さんから請求されたのでしょうか?
 
もしそうでしたら、すぐにでも厳重注意いたしますので、おっしゃっていただけますでしょうか。
***************************************


厳重注意って・・・。

まだ自分がK工務店さんを厳重注意できる立場にいると思っているのがすごい。バードはこういう人のことを「ファンタジーの住人」と呼んでいます。バードもそうだけど。


バード夫が「すみません、こちらの誤解でした」という返信を送ったところ、以下の返信。

***************************************
バード夫婦さま
 
お返事をありがとうございます。
 
> こちら、我々に請求が来ているというのは、私の勘違いでした。
 
勘違いでしたらホッとしました。
増田さんとの話の中で、「もしかしたらK工務店さんが請求したのでは…」ということも出たものですから・・・ 
 
> 転送いただいた〇〇のメールで、納期変更費用について言及されていたため、我々に請求が来ると誤解してしまっていました。
 
余計な心配をさせてしまいましたね。
11月9日にお送りしたメールで、K工務店さんにお支払いいただくことをお知らせしてありましたので大丈夫だと思って・・・
***************************************


あ~~~あ~~~あ~~~あ~~~!!
(聞きたくないのポーズ)

ほんと「全国触手選手権」に出たらかなり上位に喰い込める人材であると、わたくしバードは自信をもって推薦したい。


今回のメールで一番の見どころはこの一文ですかね。

余計な心配をさせてしまいましたね。

ぎゃああああ!!
眉は下げて、目は笑っている表情が浮かぶよ!!
(↓ こういう感じ)

ノ \
⌒ ⌒
 ―


ま、バード個人的にはこの一文がイチオシですが。

「もしかしたらK工務店さんが請求したのでは…」

うわああああ!!
この触手旋風よ!
もうっ、もうバードは、これ以上ここに留まることはできない!

(しつこいですね、ごめんなさい)


コンサルさんのことを書けば書くほど、自分の性格の悪さを直視させられる。自分が受けた苦痛を、他者にチクることでスッキリしたい。バードはそんな弱い人間です。


さて、仏のバード夫が、なぜかこれには返信しなかったもよう。たぶん無意識に無視しちゃったと思われる。

そして住設機器の支払いも済ませました。


しかし、まだコンサルさんへの支払いは完了していませんでした。

コンサルさんから受けたコンサルティングサービスの報酬は、「契約締結時に半額をお支払いし、残りの半分は竣工後に支払う」という契約内容になっていたので、まだ報酬が払い終えていなかったのです。

でもあんな風に工事チェックを放棄され、バードが素直に払う気になれるはずありません。







やっと・・・やっと次でコンサルさんとの最後が書けます・・・っ!